【意外と軽視している?】“後悔しない転職”をする為のチェックポイント4選!

紙~WEBまで非常に幅広い求人メディアが存在している現在。
就職や転職の際に多くの方が利用しているかと思いますが、 理想通りの求人を探すとなると非常に難しいのが現状です。逆に「すべてが理想通りの求人に応募したのに、 入社してみたら違った…」というケースも多々あります。

中途入社者の定着率を調べた調査では、直近3年間で100%の企業は僅か17%。 ほとんどの場合3年以内に誰かしらが辞めているということになります。 意を決して転職しても数年で退職となると、あまり良い数字とは言えません。 そこで今回は転職に失敗しないためにも、 就職先・転職先を選ぶ際により注目すべきポイントをご紹介します!

1 給与額+α

多くの転職理由に多いのが収入面での悩みです。 入ってから「思った以上に少なかった」「将来を想定していなかった」とならないよう、給与額はしっかり確認しましょう。 具体的には基本給・みなし残業手当の有無・賞与の有無・年収例・手当や昇給の有無です。

一見金額が高くても、そこにみなし残業手当が含まれていたり、賞与が無かった場合【記載されている月給額がほぼ上限】の場合があります。 「入社後に上がるだろう」という甘い判断はせず、事前に求人内の数字を把握し、不安であれば面談でしっかり確認した方が良いでしょう。

2 月々の残業時間

求人広告では「残業少なめ」「残業は1日1時間程度」「月平均●時間」など、様々な表記があります。 しかしこれらの情報は非常に曖昧であり、求人によっては見栄えを意識して誤魔化している可能性もあるんです。 残業少なめは“業界では少ない方”という意味だったり、1日1時間程度という表記も“週に3日は2時間の日がある”ケースもあります。

残業を避けたい場合は「原稿内に残業の記載がない求人」や「少なめ」「繁忙期による」といった 表記の求人には応募しないか、事前に確認するのが無難です。 逆に残業時間が明確に書かれていたり、残業が少ない理由等にまでふれている求人は信頼して良いでしょう。

3 仕事内容に関する情報量

求人は転職者に対して自社や仕事の魅力をアピールするために作られます。 にも関わらず、仕事内容の書き方が非常にあっさりしていたり、妙に漠然としていた場合は注意が必要です。 仕事内容に魅力があったり、他社と違う独自性があるのなら確実に記載します。

それをしない場合は高確率で「やりがいがなく、つまらない」 「しんどいことを誤魔化している」「公に出しづらい仕事である」のいずれかの可能性があります。 そのほか「将来は○○を目指せる」「〇〇などの幅広い仕事を任せる」といった記載も黄色信号。 入社後に想像とまったく別の仕事を任されるケースがありますので要確認です!

4 社内や社員の写真の有無

ほとんどの場合、求人には社員の写真が1枚は載っているもの。 それが無い場合は「社員が顔出しNG」「人事と現場の仲が悪い」「写真映えする人物がいない」などの理由があります。 3つ目の「写真映え~」に関しては若手が欲しいのに社内の年齢が高すぎたり、 女性が欲しいのに男性社員しかないなどのやむを得ない理由が考えられますが、1つ目・2つ目の場合は大きな問題です。

色々とグレーな職場だったり、社内の人間関係が破綻しているケースも稀にあります。 目立たせるためにイラストやフリー素材を使用する場合もあるため一概には言えませんが、 HPの採用ページなどもチェックしておいた方が良いでしょう。

5 まとめ

以上の4つをご紹介いたしました。求人の掲載では何百という企業が応募を勝ち取るためにありとあらゆる 手段を講じています。 その中から自身にピッタリの企業を探すことは、簡単ではありません。 しかし、求人を細かな部分まで注視することで、その背景にある企業心理も見えてくるもの。 読む側の意識と行動ひとつで出会いの質は大きく変わりますので、日々『見る目』を養っていくことが重要です!

アルバイト・パートの新規スタッフ募集・採用は
バイトルトップパートナー池袋トレンドイノベーションまでご相談ください。