求人広告代理店の仕事とは?

代理店の仕事は、さまざまなクライアントへ求人媒体の広告スペースを販売することです。 まずは電話や直接訪問によって、クライアントにアプローチを行ないます。 求人広告を出すにあたっての 予算や、採用課題などを聞き出していきます。 それを受けて、クライアントのニーズに最適な求人媒体を提案。 受注したら、掲載スケジュールを調整しつつ広告制作を進めていきます。

掲載後には、反響を参考にして、今後どのように広告を出していけばいいか提案しながら、 クライアントとの関係を築いていきます。他の商材と比べて、求人広告は季節を問わず常にニーズがあり、 一度信頼を得られれば、同じクライアントから引き続き広告を依頼される場合も多いです。

そもそも求人広告とは…?

求人広告とは、「新しく社員を雇いたい」「人手不足を解消したい」など、企業が抱えている人材についての悩みを解決するため、採用情報を掲載する広告です。転職サイトや雑誌、フリーペーパーといった媒体があります。 少子化が進行している現代の日本では、労働人口の減少は深刻な問題。人手不足に悩む企業が増える今、求人広告のニーズが高まっています。

求人広告代理店トレンドイノベーションは「バイトルをはじめ、バイトルNEXT、マイナビバイト、マイナビ転職、アン、DODA、マッハバイト、女の転職、@TYPE、イーキャリア」等、アルバイトから中途まで幅広く求人広告媒体を取り扱っております。求人広告に関してのご相談はお気軽にどうぞ。

メーカーと代理店の違い

求人広告を取り扱う企業は自社媒体を持つ“メーカー直販”と、広告の販売が専門の“代理店”に分かれており、このような違いがあります。

代理店は複数の媒体を取り扱える

メーカーが取り扱うのは自社媒体のみ。そのため、クライアントの要望に合っているからといって、他社の商品を販売することはできません。一方、代理店は複数の媒体を取り扱っているので、クライアントのニーズや要望を聞いて、ぴったりなプランを提案できます。

代理店には豊富な情報が集まる

メーカーの場合、手に入れられる情報は自社媒体に関わるデータのみとなり、競合する他社媒体のキャンペーン情報などは手に入れることができません。代理店であれば複数の媒体から情報を集めることができ、実績を積み重ねられます。

代理店は複数媒体掲載時の窓口を一括できる

ひとつのクライアントが同時に複数の媒体で広告を出す際、メーカー直販では各メーカーそれぞれの担当に連絡が必要になります。また、原稿制作のための取材も媒体の数だけ行なわなければならず、時間がかかります。代理店の場合、複数媒体を一括して扱えるため窓口が集約でき、クライアントにとって時間が削減できるメリットがあります。

上記のように、複数の求人媒体を取り扱うことによる自由度の高い提案と、
柔軟な対応が代理店の強みなのです。

独立・新規事業をお考えの方、求人広告の代理店を始めませんか?

トレンドイノベーションでは全国各地から、代理店契約のご相談をいただいています。
専任担当がしっかりサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
URL https://www.trend-inn.co.jp/agency/
TEL 03-5928-0044(平日受付 9:30~18:30)